カードローンの返済を延滞するとどうなるか?

カードローンなどの借り入れを利用していると、何度かは返済の際に「今月は苦しいな...」ということもあると思います。
しかしカードローンを利用した以上、返済を延滞してしまうことだけは絶対に避けなければなりません。
延滞してしまうとその情報は、信用情報機関に登録されることとなり、その記録は数年間消えることがありません。
これが何を意味するかというと、各種のクレジット会社やローン会社は、審査の際必ずこの情報を照会しますので、過去に延滞などの記録がある場合圧倒的に審査に不利となってしまうのです。
返済を遅らせてしまう可能性のある人物、ということになりますので当然のことと言えるでしょう。
一時の苦労を避けるために、この先長きにわたって不便を強いられることのないよう、しっかり返済だけは怠らないことです。