外貨mmfってどう?資産運用におすすめ?

来る2016年に、金融課税の一体化が施行される予定です。
この事実によって、外貨mmfは2015年度で手放すというパターンが増えていく事でしょう。
今までの税金面でのメリットは、安定性という魅力をはるかに上回るものでしたから、当然かもしれませんね。
ただ、この税制改正以降も、外貨mmfの運用をあえておすすめしたいケースもあります。
条件は2つあります。
1つ目は、運悪く今現在外貨mmfで損をしている事。
もう1つは、他にも投資信託や株式などを行なっている事です。
このケースなら、損益を通算した上で税金がかかるという制度がポジティブに働きますから、損失を他の資産の利益でカバーするという理想が実現します。
自分の資産状況はどのパターンに当てはまっているのか、早めに確認する事をおすすめします。
外貨MMFは税金がお得ってホント?【税金対策が気になる方へ】