フラット35審査はアルバイトの人でも受けることができる?

フラット35の審査は、アルバイトでも受けることが出来るのでしょうか。
答えは、「アルバイトでも審査を受けることが出来ます。
」です。
収入や雇用状況の規定が緩やかで、多くの人に住宅購入のチャンスを広げているといえるでしょう。
雇用状況の条件では、派遣社員、契約社員、アルバイト、パート、起業して間もない、自由業のかたなど、ほとんどの雇用形態に門戸が開かれていると言っていいでしょう。
借入金額は、年収400万円未満なら、1年の返済額が年収の30%を超えない範囲、400万円以上であれば、35%を超えない範囲としています。
ですから、非正規雇用や自営、年収が350万円といった方でも、十分にフラット35を使って、住宅購入が出来るのです。